vol.37もっと彼に近づく

春は出会いがいっぱい。
新しい環境で、新しい気持ちで、
近くにいる人を、
好きになるかもしれない。

近くにいるというだけで、
恋は実りやすい。
彼にふりむいてほしいときは、
もっともっと近づいてみる。
心の中心に、近づいてゆく。

近づくには、
いろんな方法がある。
たとえば、
彼の話をちゃんとうけとめる。
彼の趣味に興味をしめす。
彼が不安をもっていたら、
一緒に考えてあげる。
彼が病気のときには、
力になってあげる。

私も自分のことを話す。
ちょっとした秘密を打ち明ける。
困ったことは相談する。
彼が相談にこたえてくれたら、
ありがとうと感謝する。

そうすると、
彼の心に、
どんどん近づいてゆける。
彼の心の中心に、
どんどん、どんどん、
近づいてゆける。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

春ですね。
春には、会社の人事異動もありますし、出会いのチャンスがいっぱいですね。
新しい同僚を好きになったりしたら…これは、大きなチャンスです!
なぜかというと、人は、近くにいる人を好きになりやすい生き物だからです。

このことは、モアランドという人の1982年の実験データでも明らかになっています。
モアランドは、女子大生を集め、半分の人たちには毎週同じ男子学生の写真を
見せて、残りの人たちには毎週違う男子学生の写真を見せる実験をしました。
すると、毎週同じ写真を見た女子大生たちの方が、その男子学生に好意を持ったそうなんです。

また、ドイツのある調査では、夫婦の8割が婚姻前には5キロ圏内に住んでいた、という結果が出ています。
このことからも、近くにいる人同士の方が恋に堕ちやすいことがわかると思います。

近くにいる人にふりむいてもらうには、もっともっと相手に近づくことです。
好きな相手が参加する会社のイベントなどには積極的に参加して、彼にもっと接近し、自分の存在をアピールしましょう。

彼と話すときには、聞き役にまわりましょうね。
彼が趣味について話しはじめたら、身を乗り出して、うん、うん、と、頷きながら話を聞きましょう。
そして、彼をほめちぎりましょう。

たとえば、彼の趣味がサッカー観戦だとしましょうか。
彼がサッカーのルールなどについて話し始めたら、とにかく「すごいね。いろんなこと知ってるのね!」と、ほめてあげるんです。

もし、彼の趣味に興味が持てなくても、「興味がないわ」なんて言わないでね。
「サッカーってあまり知らないの。どんなルールなの。ぜひ教えて」というふうに話してみてください。そう、この「教えて」という言葉を使うのがポイントです。
彼は、「教えて」と言われることで、自分が頼られているのだと思い、あなたに好意を持つようになるでしょう。

こうして彼と友人関係になったら、今度は、彼に相談を持ちかけてみてください。
「仕事のことで相談したいの」「探しているCDがあるの」など、彼がこたえられそうな内容を選んで相談してくださいね。
こうして自分の心の内を話すことを、心理学用語では「自己開示」と言います。
「自己開示」をされると、人は、その相手を好きになりやすいのです。
上手に甘えて相談して、グッと彼との距離を縮めちゃいましょう。

さて、彼と親密になったら、あとは、彼を日々じっと観察してみましょう。彼が病気になったり、落ちこんだりしていたらチャンスです。 
なぜなら、人は、元気なときより、弱っているときの方が恋に堕ちやすいからです。
元気のない彼に「どうしたの?」とやさし~く声をかけてみてください。
彼の心にググッと迫れること間違いなしです。

🌸 🌸 🌸

※このコラムはほぼ「恋マガジン」配信当時の内容です。
恋マガの目次はコチラ!

関連記事

  1. vol.30朝の過ごし方をかえてみる

  2. vol.31ホテルのあと

  3. vol.21たくさんの、はじめて

  4. vol.33告白のシーズン

  5. vol.49元彼の歯ブラシ

  6. vol.32恋のスケジュール帳