vol.55お願い上手になる

好きな人に、
お願いしたいことがあるときは、
最初から大きなお願いをしない方がいい。

まずは、小さなお願いをしてみる。
誰でも
「うん、いいよ」
と言ってくれそうな、
小さなことからお願いしてみる。

小さなお願いを聞いてくれたら、
次は、
すこし大きなお願いをする。

それも
「うん、いいよ」
と聞いてくれたら、
もうすこし大きなお願いをする。

それも
「うん、いいよ」
と聞いてくれたら、
もっと大きなお願いをする。

お願いごとは、
最初は小さいことから。
だんだん大きくしていく。

・ ・ ・ ・ ・ ・

ホストに貢いでしまい、心も身体もボロボロになっちゃった…。あなたのまわりに、そんな女の人はいませんか?きっと、その人だって…でも、気づいたら、いつのまにかはまっていた…そんなパターンが多いのではないでしょうか?

最近では、かなり有名なホストクラブでも、「はじめての人なら1時間5000円」というところが多く、誰でも気軽に入れてしまいます。で、お店に行けば、ホストはとてもやさしくしてくれます。

これに気をよくした女の人は、またもやホストクラブを訪れてしまうわけですが、2回目からは席料もアップ。そのうえ、やさしいホストから、「焼酎でも飲まない?」などと誘われ、ついボトルを入れてしまう。

そのうち、ホストから「今月はノルマ、達成していないんだよねぇ」なんて話を持ちかけられるようになり、何万円もするドンペリを入れてしまう。「来週、誕生日なんだよねぇ」と言われて、高価なプレゼントをあげてしまう。「たまにはふたりで会いたいな」と言われて、高いレストランに予約を入れてしまう…。

そうこうしているうちに、「月に100万円もホストに貢ぐようになっていた…」なんてことになってしまうわけです。

人気のあるホストほど、お願い上手。最初は小さなお願いをして、受け入れてもらえたら、すこし大きなお願いをします。そうしていつのまにか、とても大きなお願いもYesと言わせてしまいます。
この、ホストのテクニック。実は、恋愛の常套手段なのです。

あなたが、好きな人にお願いごとをしたいときにも、かなり効果的な方法なのです。たとえば、今、あなたが、「好きな人と親しくなりたい」という願望を持っているとしましょうか。そういうときは、突然、「好きです」と告白しても、相手は戸惑うだけです。突然、「デートしませんか?」と誘っても、躊躇されてしまう可能性大です。

でも、「ときどきメールしてもいいですか?」と、誘ったとしたらどうでしょう?よっぽど嫌われていないかぎり、断られることはないはずです。メールのやりとりをしながら、ふたりの距離が近くなってきたら、次は友達同士のパーティに誘ってみる。そこでまた仲良くなったら、今度はふたりで会う機会を作る…。

こうして、すこしずつ、大きなお願いをしていくのが、大きな願いをかなえるコツ、なのです。

これは、すでにつきあっている彼との関係にも応用できます。たとえば、彼に家事を手伝ってほしいとき。彼にもっとやさしくしてほしいとき。彼に旅行に連れていってほしいとき…。どんなときにでも使えるテクニックです。

あなたの最終的な願いをかなえるために、まずは、小さなお願いからしてみてください。ただし、クセの悪いホストのように、相手の心をボロボロにするのはやめましょうね。

※このコラムは、2004年頃に10000読者さまに配信していた「恋マガジン」の内容をほぼそのまま掲載しています。

🌸 🌸 🌸

◆ほかの記事も読んでみる?
◆恋マガの目次はコチラ!
◆公式LINE「恋コトバ」はコチラ!
◆安藤房子の著書Amazonアンリミ無料多数!

関連記事

  1. vol.14 ヌードになろう

  2. vol.46不安は恋の敵

  3. vol.33告白のシーズン

  4. vol.54愛し方改革

  5. vol.39美人になる方法

  6. vol.17倦怠という魔物