商業出版した著書の電子書籍化進行中、生き急いでる? たまのシチュー:2024年6月2日㈰

こんにちは、アンジーです。

3日ほど前に娘のリリ18歳が「ママ、最近ますます生き急いでるよね」と呟いた。…まぁ、生き急ぐよね。

人生後半戦で、まだまだやりたいことたくさんあるけど時間はないから。もうお掃除とかお料理とかしてる場合じゃないのよ。お風呂やメイク時間も本当はもったいないの。書きたいこと書く時間が足りないのよ…

と思いながら、ひさしぶりにシチュー作りました。私のシチューはルーなし無添加で美味しいですよ♪ でもこのシチュー作る時間でコラム2本書けると思うと、毎日は作れない。

さあ週末も猪突猛進で、次のKindle制作に突入です。ひとまず、過去の紙本の電子書籍化計画進行中。まだまだ続きます。

あ、そうそう。
「生き急いでいる」という言い方は、作詞家の松本隆さんの造語だそうです。南佳孝さんの歌「スローなブギにしてくれ」ですね。同名の映画主題歌ですね。そして原作は言わずとしれた片岡義男さま。大好きです。なんか、ひさしぶりに小説を読みたくなりました。高校時代を思い出しながら……。

それでは、また書きに来ます。アンジーでした。

🌸 🌸 🌸

◆ほかの日記も読んでみる?
◆公式LINE「恋コトバ」はコチラ!
◆安藤房子の著書Amazonアンリミ無料多数!

関連記事

  1. ◆歯医者さんやダンス/iPhoneリサーチ/CD購入/Can…

  2. 女子旅、韓国旅行~私は旅行音痴で海外は23年ぶり。海外初の娘…

  3. 恋愛心理本を執筆、制作するときの強い味方「Googleレンズ…

  4. 日本初の恋愛カウンセラーの娘はモテ女子に育ったのだろうか?:…

  5. 音楽家の桑島晃(ひろし)さんと昨秋に初対面、作詞や音楽のお話…

  6. 2023年11月25日㈯秘密の花園1