vol.15 恋の時間

今、忙しくて、時間がなくて、
仕事がやまほどあって、
部屋も散らかしっぱなしで。

そういう時は、誰にでも、あると思う。
時間のある人の方が、少ないと思う。
誰もが"足りない"という時間。
もっと欲しいと思う、時間。

時間がないから恋ができない。
そういう人がいる。
でも、それはたぶん、嘘。
自分で嘘とは気づいていなくても、嘘だ。
あるいは、勘違いかも。

やりたいことのためには、何とか時間を作る。
ほかのことをふりきってでも、時間を作る。
そういうエネルギーが、
恋するときには必要な気がする。
そういうエネルギーを発揮した人だけが、
恋に向かえるのだと思う。

時間に負けちゃうってことは、
それほど相手を、
欲していなかったのかも知れない。
時間に負けちゃうってことは、
もっと大事な何かに、
時間を使いたいのかも知れない。

誰でも、毎日、たくさんのことを、
選びながら、生きている。
意識的に、または、無意識に。
恋する時間を選ぶのは、自分自身。
恋する環境を作るのも、自分自身だ。

なかなか会えなくても、
忙しい時間と時間の隙間に、
ちょっとひとことの電話を入れる。
たった10文字でもメールを送る。
そういう、ちょっとの積み重ねが、
二人の関係を、育ててくれる気がする。

恋の時間は、きっと、作り出せる。
本当に、あの人を、大好きならば。

※このコラムはほぼ「恋マガジン」配信当時の内容です。
恋マガの目次はコチラ!

関連記事

  1. vol.49元彼の歯ブラシ

  2. vol.47都合のいい女

  3. vol.24あなたのため、という気持ち

  4. vol.22太陽を待ちましょ

  5. vol.14 ヌードになろう

  6. vol.44セックスを楽しむ