vol.16 悲しい気持ちのとき

恋をなくしたとき。
大切な人が去っていったとき。
あんまりに悲しくて、涙も出ないときには、
深呼吸すると、少しだけ楽になれる。
思いきり、息を吸って、6秒間、息をとめる。
思いきり、息をはいて、6秒間、息をとめる。
それを10回。
すると、少しだけ、元気になれる。

身体の血のめぐりがよくなって、
身体が穏やかになるから。
身体が穏やかになってくると、
心も穏やかになってくるから。

深呼吸して悲しさが、少しだけやわらいだら、
思いきり泣くと、気持ちがいい。
涙は、がまんしないで流すと、気持ちがいい。
誰かの前で、それが無理ならひとりで。
思いきり泣くと、憑きものみたいな感情が、
少しずつ、穏やかになっていく。
ザーッと雨が降ったあとみたいに、
穏やかになっていく。

すこしずつ、すこしずつ、
穏やかさが増していくと、
悲しかったことも、
自分の中の大事な部分になる。
また誰かを好きになるための、
大きな、大きな、パワーになる。
悲しみが深かったぶんだけ、
魅力的な自分になれる。
悲しみが深かったぶんだけ、
また誰かを好きになれる、きっと。

※このコラムはほぼ「恋マガジン」配信当時の内容です。
恋マガの目次はコチラ!

関連記事

  1. vol.29ハッピー・バレンタイン

  2. vol.43いい男がいない

  3. vol.53 6つの愛のカタチ

  4. vol.50浮気したくなったら

  5. vol.52こんな恋がしたい

  6. vol.54愛し方改革