vol.12 恋のはじまり

ちょっと優しい言葉をかけられた時。
ちょっとした秘密をうちあけられた時。 
その相手の人を、とても大事に思えたりする。

予想とは違う仕草にハッとしたり、
なにかに打ちこんでいる真剣な表情を見た時、
ちょっとしたことがきっかけで、恋ははじまる。

まるで、風船がプーッとふくらむみたいに
心がまあるく、大きくなって、
まるで、雲がフワーッと青空に広がるみたいに
心がふわふわ、ふわふわになる。

人を好きになると、
いつもの風景が、まるで絵画のように見えてきたり、
いつもとおんなじカフェオレが、じーんと温かく感じたり、
そよ風の音が、やけに耳に響いたり。

人を好きになると、世界がかわる。
はじめての恋も、何度目かの恋も、
恋のはじまりは、いつも、私の世界をかえてくれる。

好きになれるってことに、感謝だ。
好きな人や、自分を囲む世界に感謝だ。
人を好きになった時から、私は、私らしく、
優しくなれるのだから。

※このコラムはほぼ「恋マガジン」配信当時の内容です。
恋マガの目次はコチラ!

関連記事

  1. vol.23ノートに書いてみる

  2. vol.25いつも一緒にいたいのに

  3. vol.20ほんとうのこと

  4. vol.45なんでも彼まかせ

  5. vol.39美人になる方法

  6. vol.29ハッピー・バレンタイン