vol.11 心配は、心配のまま

自分の心の中でとても気になる相手や、
大事な相手のことは、とても心配になったりする。

心配だから、早く帰ってきてね、とか、
事故に遭わないように気をつけてね、
なんて思ったりする。

自分の中で思っているだけの心配は、
優しさ、という心と、とても似た気持ち。
自分の中で、強く、大きく、抱えている心配は、
祈りに近いような気持ち。

だけど、時々、口に出してしまう時がある。
たとえば、好きな人と心がうまく通じ合わない時。
たとえば、好きな人のすべてを束縛したくなった時。

そんな時、つい、自分の中で育った感情を、
口にしてしまう時がある。

あなたのことが心配だから、注意しているのよ。
心配しているのに、どうしてわかってくれないの。
そう言って、相手に押しつけちゃう時が、ある。

そんな気持ちを押しつけられたら、
どんな気持ちになるんだろう。
いらいらする時もある。
余計なお世話だよって時もある。
不安をあおられたような気持ちになる時も。

押しつけの心配は、もう、心配じゃない。
押しつけの心配は、ただ、自分の感情の吐露だ。

心配は、心配のまま、
そっと思っているくらいがちょうどいい。
心配は、心配のまま、
そっと伝えるくらいでちょうどいい。

※このコラムはほぼ「恋マガジン」配信当時の内容です。
恋マガの目次はコチラ!

関連記事

  1. vol.36嘘つきになる

  2. vol.27気持ちを素直に

  3. vol.12 恋のはじまり

  4. vol.21たくさんの、はじめて

  5. vol.47都合のいい女

  6. vol.37もっと彼に近づく