Love Text - Column - vol.10 …byアン

■ 「自分探し」な女

今の私は、本当の私じゃないの。
こんなはずじゃ、なかったのに。
誰でも、そんな気分に陥る時は、あるかも知れない。

たとえば、仕事で失敗した時。
たとえば、大好きな人とうまくいかない時。
今の自分を、否定したくなることが、あるかも知れない。

自分の思っている自分」と、
「周囲から見られている自分」が一致しない時。
そんな時にも、おちこんでしまう。

こんなはずじゃないのに。
誰も私をわかってくれない。
そう思ってしまう時が、ある。

そんな時は、いろんな事に、手を出したくなったりする。
何かに頑張っている自分でいたくて。

本当の自分を探して、
習い事を増やしたり、好きでもない男の人と会ってみたり。

そして、どんどんスケジュール帳をうめながら、
空白の時間がないことに、ホッとしたりして。

いろいろチャレンジしてみることは、悪いことじゃない。
だけど、本当の自分なんて、どんなに探したって、あらわれない。
本当の自分は、いま、ここにいる、私自身だから。

その自分を、まずは、冷静に見つめてみることが大事。

仕事や恋がうまくいかなかったのはどうして?
周囲から思わぬことを言われてしまったのはどうして?

それを、じっくり、考えてみる。
そして、原因を、見つめてみる。

そうすれば、なにかが、みつかるはず。
前にすすむための、何かが、みつかるはず。

そうして、今の自分を、ちゃんと認めてあげること。
否定するんじゃなくて、今の自分の力を、客観的にみつめて、
認めてあげること。

探したって、自分は、みつからない。
自分は、いつだって、いま、ここに、いる。

その自分を、分析して、理解して、認めてあげることが、
なりたい自分になるために、いちばん、必要なことかも知れない。

関連記事

  1. ラブ・テキスト