vol.49元彼の歯ブラシ

失恋したばかりのときには、
なかなか元彼との思い出をすてられない。
思い出だけじゃない。
彼が使っていた歯ブラシ。
彼が部屋に置いていったシャツ。
彼に買ってもらった指輪。
すてられないモノだらけだ。

別れてすぐに、
ぜんぶをすてられないのは、
仕方がない。
だけど、たくさん悲しんで、
すこし気持ちが落ち着いてきたら、
元彼との思い出のモノは、
ぜんぶすてる方がいい。

元彼の歯ブラシやシャツは、
元彼を思い出させる。
モノが目の前にあると、
いつまでも記憶が薄れなくて、
次の恋にすすめない。

だから、
失恋からたちなおりたいなら、
元彼との思い出のモノをすててみる。
勇気を出してすててみる。
そこから、また、
新しい恋のチャンスがやってくる。

・ ・ ・ ・ ・ ・

失恋をしたばかりのときって、男の人のやさしい言葉に、ついフラフラ~ッとしてしまいませんか?
とくに「ふった」ときの失恋よりも、「ふられた」ときの失恋が、そう。
「別れた彼のことを忘れられないのに、別の人とつきあっちゃったの…」
そんなお話をよくうかがいます。

そう、人は不安なときや寂しいときには、ついつい誰かと一緒にいたくなり、周囲の人のやさしさに弱くなる。口説かれ体質になりやすいのです。

口説かれて、そのまま新しい恋がうまくいけば、それはそれでいい。
だけど、元彼の記憶を思いっきりひきずっているときには、なかなか新しい恋がうまくいかないようです。

なぜかというと、ふられたときって、どうしても自分を責めてしまいがちだから。
「私のどこが悪かったの? それを次はなおさなくちゃ」
と思うあまり、新しい恋の相手に警戒心を抱いてしまって、ぎこちない関係になったり。
元彼では満たされなかったことを新しい相手に強く求めて
「うざい」
と思われたり。
そうして、新しい恋がうまくいかなくなるケースが多いようなのです。

とくに、
「まだ、元彼の歯ブラシやシャツを捨てられないんです」
なんていうときには、まだ、新しい恋に移項する時期ではないのかもしれません。

人間が、愛する対象を失ったとき、まずは、相手が戻ってくることをどこかで期待しながら、怒ったり泣いたりという行動をとります。しかし、どんなに喚いても涙しても相手は帰ってこないのだとわかると、大きな「絶望」を味わうようになります。
「絶望」の時期がある程度過ぎると、今度は、すこしずつ立ち直るようになっていきます。

もし、あなたが、
「元彼のものをまだ捨てられない」
という状態ならば、いまだにこの「絶望」の段階にいるかもしれないのです。
そして、精神分析学者のヴォルカンによれば、この「絶望」の段階にいるときに、元彼を彷彿させる品々が手元にあると、失恋の立ち直りが遅れてしまうようなのです。

この際、元彼の歯ブラシやシャツなどは、ぜんぶ捨ててみてはどうでしょう?

もちろん、別れてすぐに、彼のものを捨てるなんてできませんよね。
しばらくの間は、なかなか元彼の記憶は消えないでしょう。
ただ、いつまでも失恋をひきずっていても、ハッピーな気持ちにはなれません。
次の恋がうまくいきません。
元彼にふられた理由などは、いつまでも考えないことです。

あまりにふられた理由をあれこれ考えすぎると、どんどん自分に自信をなくしてしまいます。
自信のない状態で次の恋をスタートすると、同じような失恋を繰り返してしまいがちです。

🌸 🌸 🌸

※このコラムは、2004年頃に10000読者さまに配信していた「恋マガジン」の内容をほぼそのまま掲載しています。

◆恋マガの目次はコチラ!
◆公式LINE「恋コトバ」はコチラ!
◆安藤房子の著書Amazonアンリミ無料多数!

愛する対象を喪失してしまったことを認め、受け入れたら、元彼のことはきっぱり忘れる方が、次にはハッピーな恋をしやすいのです。

 

 

関連記事

  1. vol.64 キャラメルなふたり

  2. vol.43いい男がいない

  3. vol.27気持ちを素直に

  4. vol.47都合のいい女

  5. vol.42彼がどこにも連れて行ってくれない

  6. vol.14 ヌードになろう