vol.24あなたのため、という気持ち

好きな人ができると、
その人のために、
いろいろなことをしたくなる。
忙しくてもムリして
会う時間を作ったり、
料理を作ってあげたり。
好きな人のために、
なにかをすることが、
自分の中の大きな喜びになる。

大きな喜びが、
大きな悲しみや大きな怒りに
かわるときがある。
それは、自分のしたことを、
ないがしろにされたとき。
会う時間を作ったり、
料理を作ったのに、
相手の都合で、
会えなくなったときなど。

そういうときは、
かなりガックリくる。
でも、相手もどうしても
都合がつかなかったのかも。
だから、ちゃんと話してみる。
ガックリの気持ちを、
ちゃんと伝えてみる。

伝えるときに、
いちばんしちゃいけないのは、
「あなたのためにこんなにしたのに」
という思いをぶつけること。
「あなたのためにしたこと」は、
私が選んでしたこと。
それを、相手のせいにしないこと。
私は、私の行動を、いつも、
私自身で決めているのだから。

🌸 🌸 🌸

※このコラムはほぼ「恋マガジン」配信当時の内容です。
恋マガの目次はコチラ!

関連記事

  1. vol.13 不安の芽を、摘みとる

  2. vol.53 6つの愛のカタチ

  3. vol.48ひとめぼれの心理

  4. vol.34女が女を好きになる

  5. vol.46不安は恋の敵

  6. vol.19もう会わない