スケルトンなハート  - Poem - 木原知美

■ vol.1

キミが居るから、耀いていられるの

素直になれなかったのは、大好きだったから・・・
いつもの午後もキミが居るとすべて笑い出す

■ vol.2

はちみつ色の空 キミに会えなくなってどれくらいだろう

とにかく顔が見たくて走りだす坂道
ココロは虹色、コロコロと色を変え耀きだす

瞳の中のわたしは、君にどう写るんだろう

■ vol.3

壊れたハートを必死に直してるのにどうしても上手くいかないの

季節が変わる頃 そこにはもう違うキミがいた
大事な大事な宝物だったのに自分で壊してしまった あの夜

イエローな朝 一人ぽっちな朝

■ vol.4

通り過ぎる甘い風 こんなに近くに居るのにつかめない

キミとの事は、頭の隅の小箱にしまおう
夕日を一人占め せつない赤

変わっていく季節 変わらないココロ

■ vol.5

モザイクみたいに貼り付けて作った七色のハート

あわてて刻むチクタクの音 サヨナラの時間(とき)

この胸いっぱいの‘キュン’をありがとう!

■ vol.6

私のココロも衣替え

うそがちりばめられた言葉の中にひとつの真実
ドアを開けるとポツンと居るあの時の赤い傘

カラフルな あなとの思い出

■ vol.7

時間旅行にでたらもう君から帰れない

街が色づいた頃私のココロも赤く染まる
どこまでも続く道をふたりで歩いた

ほら太陽もわらいだす

■ vol.8

まるでかまいたちのよう 知らない間に傷ついてた

いつものように いつもの場所 いつもの時間に待ち合わせ
違うのは二人のココロだけ

キミが隣に居ればこのイルミネーションがキラキラ耀いて見えたのに

■ vol.9

眠れない夜 ホットミルクとあついラブメール

キュンとしたあの日のキミのことば 今までも覚えている
おろしたての靴をはいてキミに会いに行こう!

■ vol.10

今が楽しくて 今がうれしくて 今が幸せで 今しか見えなかった…

キミに出会ってから一人の夜はいつもひつじを数えてる
青い空に落書きしてる飛行機 早くキミに逢いたい

【プロフィール】
木原知美(きはら さとみ)元東京パフォーマンスドールリーダー。
ブランドの服飾デザイナーを経て、現在は絵本を制作中。

 
※このコラムはほぼ「恋マガジン」配信当時の内容です。
恋マガの目次はコチラ!

関連記事

  1. Honey・Sweet・Pampkin - essey - …

  2. 曖昧の美学  - Essay - vol.1  …by水源純…

  3. 復活のごあいさつ♪ - essey -  …by安藤ゆり

  4. 2006年 バレンタイン特集号 恋マガスタッフの“クリスマス…

  5. 甘える男たち  - Essay - vol.1  …by千住…

  6. ぼくが結婚できないわけ - Essay - vol.1  ……